八事看護専門学校は、准看護師資格のある人が働きながら看護師を目指して学ぶ看護学校。

挨拶

理事長 水谷 浩明

医療法人資生会八事病院は、昭和34年6月に現在の名古屋市の八事の地に設立され50有余年に及ぶ歴史と伝統を持つ病院であります。
 当院は精神科を主たる診療科とし、併せて内科、リハビリテーション科等も標榜し、地域の方々から必要とされる医療機関を目指し日々医療・福祉を提供しております。
 八事看護専門学校は昭和56年に将来の看護職員の人材育成を目的に「働きながら学ぶ」をモットーとして開校しました。
 働きながら看護の職を目指す人達にとっては限られた時間の中で勉強することはとても大変なことだと思います。しかし、働きながら勉強することで知識だけでなく、実践での経験を通じ学ぶことで、病める人に寄り添える人材を育成するということは超高齢化社会を迎えつつある現代においては特に重要なことだと考えております。
 また最近は「メンタルヘルス」や「認知症」の問題も大きく取り上げられ、精神科医療の大切さも認識されるようになってまいりました。また、それだけではなく医療・福祉において心に寄り添うという大切さも大きく認識されるようになって来ています。
 一方、そのような社会情勢の中で、精神科を中心とした当資生会としての教育のあり方も問われていると思っております。准看護師の養成機関が減少し、看護師も大学化が進み新たな問題もあるように見受けられます。そのような中、当校のような定員27名という少人数制のクラス編成をもって、知識と、心に寄り添う教育を実践していくということは大きな意味を持っているものと思っております。
 今後、2060年に向けて少子高齢化が更に進み、医療・福祉のあり方は劇的に変わって行くものと思われます。
 そのように医療・福祉が激変していく中においても、現場に寄り添う形での教育を継続しつつ、更に発展させながら期待に沿えるような人材育成に精進してまいりたいと思っております。

img_023


学校長 佐々木 實

八事看護専門学校は准看護師を看護師に育成する2年課程昼間定時制(修業年限3年)の学校です。
“働きながら学ぶ”をモットーに准看護師の資格を活かし、経済的に独立しながら看護師の資格取得を目指します。
定員は27名で家庭的な雰囲気のなか、熱心な教務員スタッフや専門分野の講師の先生の授業に加えてグループ勉強や個人指導もできるだけ多く取り入れて一人々々の能力に合わせた教育を行うよう心がけています。大部分の学生さんが働き場としている母体の八事病院は精神科を主体とする病院ですが先輩の看護師さんも多いことから現場での指導や相談にも乗ってくれています。
 病める人の心に通う豊かな人間性を何よりも大切にしながら臨床の場で的確な対応のできる判断能力を備えた看護師の育成に力を注いでいます。
 臨地実習は、母体病院の他に近郊の設備の整った病院との連携により充実した看護の実践に取り組みます。
 ドメスティックな雰囲気のもと、看護の道を極めようとする准看護師の皆さん、是非、
八事看護専門学校の扉を叩いてみてください。

img0007_2
PAGETOP

八事看護専門学校
〒468-0072 名古屋市天白区大坪2丁目301番地
TEL:052-834-0900 / FAX:052-834-0957 /
E-mail:nursing_school@yagotonc.jp

Copyright © 八事看護専門学校 All Rights Reserved.